産経WEST

【城崎温泉火災】野茂さんの野球チームが復旧支援 撤去作業で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【城崎温泉火災】
野茂さんの野球チームが復旧支援 撤去作業で

 兵庫県豊岡市の城崎温泉街で住民2人が死亡した大規模火災で、同市に拠点を置き、元大リーガーの野茂英雄さんが率いる社会人野球チーム「NOMOベースボールクラブ」のメンバーら約100人が13日、焼け跡でボランティア活動にあたり、復旧を支援した。

 選手らは地元消防団などとともに、ヘルメットに長靴を履いて参加。放水でぬれた畳をトラックに積み込んだり、焼けた家財道具を可燃ごみと不燃ごみに分別したりして、黙々と撤去作業に取り組んだ。

 同クラブは一昨年、拠点を大阪府堺市から豊岡市に移し、選手たちは城崎温泉の旅館で働き、寮を提供してもらっている。三好竜司選手(23)は「応援でお世話になっている住民の手助けになれば」と話した。クラブ代表理事の野茂さんは「ニュースで火事を知り、心配していた。これからも復興に向けて、できることをやりたい」と誓った。

「産経WEST」のランキング