産経WEST

細長い体の一部を砂から出す「チンアナゴ」、全身姿を公開 島根の海洋館 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


細長い体の一部を砂から出す「チンアナゴ」、全身姿を公開 島根の海洋館 

チンアナゴの全身を見ることができる特別展示=島根県浜田市(しまね海洋館アクアス提供)

 細長い体の一部だけを砂から出すアナゴ科の魚、チンアナゴの全身を公開する特別展示が、島根県浜田市の水族館「しまね海洋館アクアス」で行われ、ユーモラスな姿が人気を集めている。12日まで。

 チンアナゴは流れの強いサンゴ礁の砂底に生息。砂から身体の上部だけを出し、流れてきたプランクトンを食べるという。

 特別展はチンアナゴの形が数字の「1」に似ていることから、1月11日に合わせて企画した。

 水槽で仲間のニシキアナゴを含め計6匹を展示。砂の代わりに透明の「吸水ポリマー」を入れ、潜っても全身が見えるようにした。

 チンアナゴはそのしぐさなどから近年人気という。同館は「チンアナゴの全身の姿が見られるのはまれ。ありのままの姿を見てほしい」としている。

このニュースの写真

  • 細長い体の一部を砂から出す「チンアナゴ」、全身姿を公開 島根の海洋館 
  • 細長い体の一部を砂から出す「チンアナゴ」、全身姿を公開 島根の海洋館 

「産経WEST」のランキング