産経WEST

目指せ!!平成のザ・ピーナッツ 岡山・倉敷の双子デュオ「まゆみゆ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


目指せ!!平成のザ・ピーナッツ 岡山・倉敷の双子デュオ「まゆみゆ」

「まゆみゆ」の植木茉優さん(左)と実優さん=倉敷市

 岡山県倉敷市を拠点に双子デュオ「まゆみゆ」として活躍している倉敷翠松高1年生、植木茉優さん(15)と実優さん(15)の姉妹が人気を呼んでいる。地元での活動が増え、東京のプロダクションも興味を示すなか、2人は今年を「メジャーデビューへの飛躍の年に」と意気込んでいる。

 2人の母、ゆかりさん(43)は短大時代に音楽系学科で学び、「家庭内でも常にBGMを流す」という音楽好き。そんな環境で育つうち、姉妹も「自然と一緒に歌い出した」という。小学5年生のとき、テレビのオーディション番組に申し込んだのを機に、デュオ活動を始め、中学1年の夏にCDアルバム「初恋。」をリリースしてデビューした。

 ファンクラブ(会員約200人)もあり、学業のかたわら、季節ごとのライブのほかにも着実に依頼が増えている。地域の催しやパーティーに出演したり、高齢者施設への慰問も行ったりしている。オリジナルの持ち歌(6曲)はポップスだが、観客にあわせて懐メロや演歌なども意気ぴったりに歌いあげる。

 昨年秋の学園祭では、ゲストとして来校した同窓生のロック歌手、葛城ユキさん(65)と対面。「パワフルな歌声は当然のことながら、多方面で、大先輩からプロのすごさを肌に感じました」という。

 最近は東京のプロダクションも2人に関心を示し、近い将来に夢への第一歩が現実味を帯びるかも…。

 「チャンスがあればぜひ。平成のザ・ピーナッツを目指して今年も熱唱します」と、天真らん漫に口をそろえた。

「産経WEST」のランキング