産経WEST

「マッサン」シャーロット、「ずっと日本で女優したい」…泉ピン子からアドバイスも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「マッサン」シャーロット、「ずっと日本で女優したい」…泉ピン子からアドバイスも

宝恵かごに乗って笑顔を見せるシャーロット・ケイト・フォックス

 NHK連続テレビ小説「マッサン」(月~土曜前8・0)のヒロインを務める米女優、シャーロット・ケイト・フォックス(29)が10日、大阪・ミナミで行われた伝統行事「宝恵かご行列」に参加した。報道陣から現在の願い事を聞かれ「ずっと日本で女優業をしたい」と、日本に永住する覚悟を口にした。姑役で共演した女優、泉ピン子(67)からアドバイスを受けていることも明かした。

 「この仕事を続けられるようにしたい。それがハッピーなこと。ずっと日本で女優業をしたい」

 日本の芸能界に骨を埋める覚悟を口にしたシャーロット。今後の仕事は決まっているのか聞かれると、NHKのスタッフが「それはシークレットで」とさえぎった。「UNIQLO OSAKA」の屋外広告に起用され、東京証券取引所の大納会にも出席。スケジュールが多忙にもかかわらず、すでに引っ張りだこだ。

 以前はドラマ終了後について「アメリカに帰ったあとのことは今何も考えていませんが、何が起こるか分からないけど、日本はこれからも常に、私の人生の一部になるでしょう」と帰国を明言していた。しかし日本の文化などに触れ、気持ちが傾いていったようだ。

 この日は、商売繁盛を願い、大阪市浪速区の今宮戎神社で「十日戎」に合わせて行われる「宝恵かご行列」に参加。沿道から「エリー」といった歓声が飛ぶなか、かごに乗ってミナミの商店街を練り歩き「プリンセスのようでした。すごく素晴らしかった。皆さんの笑顔が見れてよかった。特にお子様の笑顔がよかった」と感激した。

「産経WEST」のランキング