産経WEST

捜索の京大熊野寮 学生運動の象徴「マスク・サングラス」を止め、着ぐるみ姿の学生も 「大半の寮生は中核派と関係ない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


捜索の京大熊野寮 学生運動の象徴「マスク・サングラス」を止め、着ぐるみ姿の学生も 「大半の寮生は中核派と関係ない」

京大熊野寮への捜索中、着ぐるみを着た学生が現れた=8日午前10時22分、京都市左京区

 中核派系全学連副委員長の京都大生が関西大の施設に立ち入った建造物侵入事件の関係先として、大阪府警警備部が8日、家宅捜索した京都大の学生寮「熊野寮」(京都市左京区)。この2年間で3度目の警察当局による捜索に「またか。寮生の大半は中核派と関係ないのに」と冷めた反応が学生の間に広がった。

 「捜索令状を見せてください」。「撮影はしないでください」。午前10時5分ごろ、熊野寮の門前に集まった機動隊員らに対する寮生の抵抗は大きな騒ぎにはならず、家宅捜索は粛々と進められた。

 警察当局による度重なる捜索は地下に中核派の拠点があるため。今回は逮捕された京大生が出入りしていたとされる2階の一室も捜索の対象となった。

 ヘルメットや防具をつけた機動隊員に対し、キャラクターの着ぐるみに身を包んで顔を隠す寮生もいた。その意図について別の寮生は「学生運動の象徴のようなマスクやサングラスではなく、普通の学生の方が多いことを(着ぐるみで)アピールしたかった」と話した。

 熊野寮は昨年11月、東京・銀座のデモ行進で京都大生の男ら3人が機動隊員に暴行した公務執行妨害事件の関係先として、警視庁の捜索を受けた。京都府警も平成25年4月に法政大の学生運動をめぐる建造物侵入事件の関係先として捜索。その前は21年9月にも捜索している。

 捜索の一報を聞いた法学部1年の女子学生(19)は「警察に捕まるような活動は一部の人がやっていること。周りの評価まで下がるとしたら心外だ」とあきれた様子だった。

このニュースの写真

  • 捜索の京大熊野寮 学生運動の象徴「マスク・サングラス」を止め、着ぐるみ姿の学生も 「大半の寮生は中核派と関係ない」
  • 捜索の京大熊野寮 学生運動の象徴「マスク・サングラス」を止め、着ぐるみ姿の学生も 「大半の寮生は中核派と関係ない」
  • 捜索の京大熊野寮 学生運動の象徴「マスク・サングラス」を止め、着ぐるみ姿の学生も 「大半の寮生は中核派と関係ない」

「産経WEST」のランキング