産経WEST

「お金が身につく」招福大マグロ、西宮神社に奉納 十日えびすで 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「お金が身につく」招福大マグロ、西宮神社に奉納 十日えびすで 

奉納されたマグロに賽銭を張り付ける参拝者ら=8日午前、兵庫県西宮市の西宮神社(門井聡撮影)

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)に8日、大マグロが奉納された=写真。十日えびすの期間中(9~11日)飾られる。

 神戸市東部水産物卸売協同組合などが大漁を祈願して昭和45年から毎年奉納。今年のマグロは鹿児島産で体長約2・5メートル、重さは約250キロという。

 マグロの胴体に賽銭(さいせん)を張り付けると「お金が身につく」とされ、参拝者は五円や十円硬貨などを次々と張り付け、景気回復や金運上昇を願った。

「産経WEST」のランキング