産経WEST

「ばかな政治家のために命を落とす必要はないが、市民のためには…」橋下市長が新春出初め式で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ばかな政治家のために命を落とす必要はないが、市民のためには…」橋下市長が新春出初め式で

「大阪市消防出初式」で披露された消防艇などによる一斉放水=6日午前、大阪市住之江区(本社ヘリから)

 新春恒例の大阪市消防出初め式が6日、同市住之江区のアジア太平洋トレードセンター(ATC)周辺で開かれ、市消防局職員ら約1300人が救助訓練やパレードを行った。

 消防礼服姿の橋下徹市長は式典で、危険と隣り合わせで救助、消火活動に臨む職員に「いつ命を落とすか分からないので、子供と奥さんを大切に」と訴えた上で、「ばかな政治家のために命を落とす必要はないが、市民のためには命を落としてほしい。消防隊を心から尊敬する」と独特の言い回しで激励した。

 あいにくの雨だったが、2隻の消防艇が赤や黄などの色水を放って海上に「扇」や「フェニックス(不死鳥)」を描くと、傘をさしたり、レインコートを着たりした市民から歓声が上がった。

 出初め式は昭和24年に初めて開催され、今回で66回目。

このニュースの写真

  • 「ばかな政治家のために命を落とす必要はないが、市民のためには…」橋下市長が新春出初め式で

「産経WEST」のランキング