産経WEST

京都・伏見の住宅街で車両30台以上が連続パンク 鋭利な道具で突き刺す?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都・伏見の住宅街で車両30台以上が連続パンク 鋭利な道具で突き刺す?

 京都市伏見区の住宅街で31日、路上に駐車してあった30台以上の乗用車や軽乗用車が何者かにパンクさせられているのが見つかった。京都府警伏見署が器物損壊事件として捜査している。

 同署によると、現場は伏見区深草大亀谷東安信町や同区桃山紅雪町の住宅街の半径約200メートル以内の路上。30日夕方~31日午前10時ごろまでの間に、路上に駐車してあった30台以上が何者かにパンクさせられていたという。

 タイヤは、いずれもキリなどの鋭利な道具で突き刺したとみられる傷があり、4本のタイヤが全てパンクさせられていたものもあった。同署は同一犯が連続してタイヤをパンクさせている可能性があるとして捜査している。

「産経WEST」のランキング