産経WEST

【関西の議論】「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に

呉湾の近くにある大和神社(手前)。奥にIHIのドックにある巨大クレーンが見える

 さらに呉の大和神社について、「戦艦大和と何らかの関わりがあると思われる」「大和の武運を祈ったものではないか」との書き込みも見られ、巡礼先に大和ミュージアムや呉鎮守府跡とともに大和神社を挙げているユーザーもいた。

 もちろん大和神社は、奈良の大和神社とも関係ない。同事業所が保管する資料によると、呉の大和神社の竣工(しゅんこう)は昭和39年10月。終戦後、呉海軍工廠の廃止後に開設した「播磨造船所」から、「呉造船所」(後に石川島播磨重工業が合併)が独立して10年になるのを記念し、さらなる社業の発展と社員の安全を願い、同市の別の神社から分霊して建てたという。

 大和神社の名は当時の社員に公募して決めた。資料には「大きな和をもって結ばれる」という願いが込められているとあり、戦艦大和から取ったという記述はない。

 また戦艦建造当時、工廠内で働いていた人たちの安全を祈願した「産業神社」の跡は、大和神社近くの串山公園(呉市船見町)に残っている。

 呉では先述の大和ミュージアムが、開館10周年を迎える平成27年夏ごろには通算来館者数が1000万人を突破する見込み。その向かいにある海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」も人気スポットとなっている。大和神社もそうだが、近年のこの人気を牽引(けんいん)しているのは、「艦これ」から生まれたファンだ。

このニュースの写真

  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に
  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に
  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に
  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に
  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に

「産経WEST」のランキング