産経WEST

【関西の議論】「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に

呉湾の近くにある大和神社(手前)。奥にIHIのドックにある巨大クレーンが見える

 空前のミリタリーブームを追い風に、戦前東洋一の規模を誇る軍港のあった広島・呉の街が活気づいている。海事歴史科学館「大和ミュージアム」などの観光施設に多くの若者らが詰めかけているのだ。そんな中、新たに注目を集めているのが、呉港を望む丘にひっそりと建つ「大和(やまと)神社」(呉市宮原)。地元企業の社内神社なのだが、呉で建造された「戦艦大和」に同名の艦上神社があったことから、ネット上で同戦艦にちなむ神社と誤解され、“巡礼”するファンが絶えないという。

 大和神社は、呉市中心部から南の海沿いにある小さな神社だ。総合重機大手、IHI(東京都)呉総合事業所の「社内神社」で、戦艦大和とは何の関係もない。ところが、この神社が「艦隊これくしょん(艦これ)」(角川ゲームス)というオンラインゲームの人気をきっかけにミリタリーファンの注目を集めるようになった。

 ゲームは、旧日本海軍の艦船を擬人化した美少女キャラクターを使い、敵と戦うという内容。キャラクターは「艦娘(かんむす)」、プレーヤーは「提督(ていとく)」と呼ばれ、「艦これ」を機に軍事や軍艦に興味を持ち始めた若者が増えたといわれる。

 また「艦これ聖地巡礼」と呼び、旧海軍ゆかりの地を訪ねることも流行。“軍艦の街”にある大和神社が、そんな経緯で注目されるようになった。

 旧海軍呉工廠が建造した史上最大の戦艦大和に、奈良県天理市の「大和(おおやまと)神社」から分霊された艦上神社があったことはよく知られている。このためネット上では、呉の大和神社が奈良の大和神社から分霊した神社であるという「噂」が流れた。

このニュースの写真

  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に
  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に
  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に
  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に
  • 「戦艦大和」由来の神社!? 誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、ネトゲファン殺到し今や“聖地”に

「産経WEST」のランキング