産経WEST

【精神科女医のつぶやき】片田珠美(119)STAP細胞はどこへいった…彼女の言い訳がぜひ聞きたい

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【精神科女医のつぶやき】
片田珠美(119)STAP細胞はどこへいった…彼女の言い訳がぜひ聞きたい

STAP細胞について発表する小保方晴子氏=1月28日、神戸市中央区

 理化学研究所でSTAP(スタップ)細胞の有無を確かめる検証実験に取り組んでいた小保方晴子氏が、結局、細胞を作れなかったとか。小保方氏は「空想虚言症」ではないかと言い続けてきた私としては、これから一体どんな言い訳が飛び出すのか興味津々だ。

 というのも、「空想虚言症」の方は、嘘がばれたとき、とんでもない言い訳を持ち出すことが多いからである。たとえば、この連載で何度も取り上げているニセ医者女史は「医師免許を見せて」と問い詰められた際、「医療過誤事件を起こして取り上げられた」と答えたらしい。

 この言い訳で、かつては医師だったのだと強調しようとしたのかもしれない。だが、彼女が卒業したと吹聴していた私立医大の卒業名簿に名前が掲載されていなかったうえ、彼女が配っていた名刺に記載されていた病院にも勤務しておらず、学歴も職歴も嘘八百だったことが発覚しているのである。しかも、医師免許を剥奪されるのは、殺人事件のような重大犯罪を起こした場合くらいなので、そこまでして自分が嘘をついたことを認めたくないのかとあぜんとした。

このニュースの写真

  • 片田珠美(119)STAP細胞はどこへいった…彼女の言い訳がぜひ聞きたい
  • 片田珠美(119)STAP細胞はどこへいった…彼女の言い訳がぜひ聞きたい
  • 片田珠美(119)STAP細胞はどこへいった…彼女の言い訳がぜひ聞きたい

関連トピックス

「産経WEST」のランキング