産経WEST

【累犯障害者 塀の中の福祉(1)】「出所後にエロ本買いたい」…罪と罰どう理解させる PFI刑務所、社会復帰に向けた民間ならではの「福祉的支援」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【累犯障害者 塀の中の福祉(1)】
「出所後にエロ本買いたい」…罪と罰どう理解させる PFI刑務所、社会復帰に向けた民間ならではの「福祉的支援」

知的障害者らを収容する「特化ユニット」を備えたPFI刑務所「播磨社会復帰促進センター」。民間が運営に加わっている=兵庫県加古川市

 検察官が取り調べを録音・録画したDVDを法廷で再生している間、被告席に座っていた男は、何かをぼそぼそとつぶやいていた。明瞭(めいりょう)な言葉になったのは、録音された自分の声がこのくだりに差しかかったときだ。「刑務所に行くなら、死んだ方がましや」

刑務所嫌がり…「自殺する」

 9月26日、自動車盗の常習累犯窃盗罪に問われた京都市内の男(37)の公判が、京都地裁で行われていた。「死んだ方がましや」。男は自らの供述をなぞるかのように、法廷でそう吐き捨てたのだ。

 男は重度の知的障害があり、平成24年9月に犯した前回の自動車盗の後、精神年齢が「4歳7カ月」と鑑定されている。

 25年8月、1審京都地裁で「無罪」とされ、塀の外に出た男は、半年後に再び車を盗んだとして逮捕された。検察側は、取り調べをすべて録音・録画して起訴し、公判にDVDを証拠として提出した。

 傍聴席には音声しか流れてこない。それでも、男が犯行状況を筋道立てて説明できず、女性の取調官が調書を作るのに苦慮する様子はうかがえた。男は刑務所を嫌がって「自殺する」と言いだし、取調官は「悲しむ人がいっぱいいるよ。自殺なんてしなくていいよ」と諭していた。

 そして、取り調べの最後に、男は唐突なひと言を口走った。「出所したらエロ本買いたい」と。

2審で逆転有罪

 今回の事件でも無罪を主張している弁護人の西田祐馬弁護士(京都弁護士会)は「彼が取り調べの場をどのように理解しているかは疑問だ」と指摘する。

「産経WEST」のランキング