産経WEST

橋下氏「今まで否定してきた」 維新の党、最高顧問固辞の理由を説明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


橋下氏「今まで否定してきた」 維新の党、最高顧問固辞の理由を説明

 維新の党の共同代表を辞任した橋下徹氏(大阪市長)は25日、最高顧問への就任に「了承した覚えはない」として難色を示した理由について、「これまで(顧問などの肩書を)否定するような形でやってきた」と述べた。同市内で記者団の質問に答えた。

 橋下氏は江田憲司代表と電話で話したとし「名前なんてどうでもいいという話になった。江田さんらとうまくやればいいだけだ」とする一方、「名前が嫌だ。最高顧問に就いてしまったら、これまで自分が言ってきたこととやっていることが違ってしまう」と説明した。幹事長を辞任し顧問に就いた松井一郎氏(大阪府知事)から「(自分で)名前を考えたら」と提案されると、苦笑いを浮かべた。

 橋下氏は23日の執行役員会で「大阪都構想」実現に専念するとして共同代表を辞任。党は新しい肩書を最高顧問と発表した。

「産経WEST」のランキング