産経WEST

【大阪国際女子マラソン】現役最年長実業団ランナー、7度目の浪速路へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
現役最年長実業団ランナー、7度目の浪速路へ

 39歳の小崎にとって、7回目の浪速路は雪辱戦になる。今年1月の前回大会は肋骨を骨折していた影響もあり、2時間31分台で自己ワーストの7位に沈んだ。「面白くなかった。レースを楽しむためには前につかなきゃ」。先頭集団でレースを運ぶのがノルマだ。

 現役最年長の実業団ランナー。だが、極端な力の衰えはない。秋には5千メートルで2度、15分台をマーク。今月の全日本実業団対抗女子駅伝ではエース区間の3区を任された。

 同僚の頑張りも刺激になっている。社会人2年目の岩出玲亜が先月の横浜国際で3位に入り、10代の日本最高記録を塗り替えたばかり。「いい風を吹かせてくれたので、うまく利用したい。2時間26分台を出せれば」。岩出の記録は2時間27分21秒。後輩には負けていられない。(細井伸彦)

「産経WEST」のランキング