産経WEST

【江戸っ子記者のなにわ放浪記】帝国陸軍「機甲創設の父」の言葉と若手自衛官の凛々しさ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【江戸っ子記者のなにわ放浪記】
帝国陸軍「機甲創設の父」の言葉と若手自衛官の凛々しさ

方面隊戦車射撃競技会で対戦車榴弾を放つ74式戦車=17日午後、滋賀県高島市の饗庭野演習場(山田哲司撮影)

【ベテラン記者のデイリーコラム】

 爆弾低気圧が日本列島を覆い猛烈な寒風が吹き荒れていた。滋賀県・琵琶湖西岸沿いに位置する陸上自衛隊今津駐屯地(同県高島市今津町)にある「饗庭野演習場」。今月16日から3日間、陸自中部方面隊隷下の戦車部隊による「射撃競技会」が開催された。

 参加したのは、第3師団第3戦車大隊(今津駐屯地)、第10師団第10戦車大隊(同)、第13旅団第13戦車中隊(日本原駐屯地=岡山県)、第14旅団第14戦車中隊(同)の計12小隊(約200人)の精鋭たちだった。

 福井県側に連なる野坂山地を望み、山林原野を切り開いた演習場に、各部隊の「74式戦車」が4台ずつ横並びで射撃を各状況(距離約300~2100メートル)ごとの目標にめがけて実射し、正確な着弾を競った。

 今回の競技会は、中部方面総監部(兵庫県伊丹市)の主管のもとで初めて実施され、中部方面総監の山下裕貴陸将が統裁官として初日に競技会参加者たちを前に訓示した。その訓示の中で、山下総監は旧帝国陸軍の「機甲創設の父」とされる吉田悳(しん)中将の「機甲斯くあるべし」の至言を紹介した。

一瞥克制機」(いちべつ よく きをせいし)

万信必通達」(ばんしん かならず つうたつ)

千車悉快走」(せんしゃ ことごとく かいそう)

百発即百中」(ひゃっぱつ すなわち ひゃくちゅう)

練武期必勝」(れんぶ ひっしょうを きし)

陣頭誓報告」(じんとう ほうこくを ちかう)

 山下総監は、この至言を次のように解釈して指示した。

 「敵に正確に命中させることは最低限であり、敵よりも先に迅速に撃破しなければならない。これまで多くの訓練を積み上げ、戦車の整備を万全にしてこの競技会に臨んでいることと思うが、そのすべての成果が弾先として現れることになる」

    【動画は、SankeiNews(YouTube)】(次ページ)先人の教え、脈々「小隊の仲間を信じ」

    このニュースの写真

    • 帝国陸軍「機甲創設の父」の言葉と若手自衛官の凛々しさ
    • 帝国陸軍「機甲創設の父」の言葉と若手自衛官の凛々しさ
    • 帝国陸軍「機甲創設の父」の言葉と若手自衛官の凛々しさ
    • 帝国陸軍「機甲創設の父」の言葉と若手自衛官の凛々しさ

    「産経WEST」のランキング