産経WEST

「警察官にあるまじき破廉恥な行為」…元巡査部長に懲役3年求刑 和歌山地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「警察官にあるまじき破廉恥な行為」…元巡査部長に懲役3年求刑 和歌山地裁

 顔見知りの女性警察職員に車内で無理やり抱きつくなどしたとして、強制わいせつの罪に問われた和歌山県警の元巡査部長(36)に対する論告求刑公判が18日、和歌山地裁(浅見健次郎裁判長)で開かれた。

 検察側は「職場の立場を利用し、比較的強度のわいせつ行為を長時間続ける身勝手で悪質な犯行」として懲役3年を求刑し、結審した。

 判決は来年1月26日に言い渡される。

 論告で検察側は「現職の警察官にあるまじき破廉恥な行為」と指摘し、弁護側は「暴力や脅迫行為はなく、深く反省しているうえ、被害者にも軽率さがあった」と執行猶予付きの判決を求めた。

 起訴状などによると、被告は9月27日未明、和歌山市内の駐車場に止めた乗用車内で、20代の女性職員に抱きつくなどしたとしている。

「産経WEST」のランキング