産経WEST

【経済裏読み】また“不都合な真実”韓国の外国人労働者への“ブラック”ぶりに仰天…アムネスティも激怒

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
また“不都合な真実”韓国の外国人労働者への“ブラック”ぶりに仰天…アムネスティも激怒

 韓国の雇用労働部は、労働者の権利を強化するため、これまで継続的に規制を変更してきたと主張。EPSの就労許可は特定の雇用主との「契約」に基づいているとの立場を説明したという。

 ただEPSは、2004年に、低賃金労働者の確保で苦労している小規模事業者の支援策の一環として導入された過去がある。背景にあるのは労働者不足だ。韓国の外国人労働者は貧しく、韓国人がやりたがらない仕事に就くケースが多い。

 経済協力開発機構(OECD)によると、高齢者人口に対する生産年齢人口比率は、2010年は6倍だったが、50年には1・3倍にまで縮小する見込み。出生率が極めて低く、人口構成の変化が移民の大量に受け入れの呼び水になりえる。韓国は海外志向が強く、若くて優秀な人材が韓国を出て北米に移住したり、働きに出ることが多いことも、人材難に拍車をかけている。

 一方で11月には韓国と中国が自由貿易協定(FTA)で実質的に合意。聯合ニュースによると、コメや牛肉など主な農水産物を開放の対象から外すことができたが、それでも、農水産物輸入額のうちFTA締結国分が占める割合は64%から80%にまで高まる。このため、韓国の農業の競争力の低下が懸念される。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング