産経WEST

【経済裏読み】また“不都合な真実”韓国の外国人労働者への“ブラック”ぶりに仰天…アムネスティも激怒

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
また“不都合な真実”韓国の外国人労働者への“ブラック”ぶりに仰天…アムネスティも激怒

 不都合な真実が、またひとつ明らかになったのだろうか。非正規雇用と正社員の待遇格差が社会問題化している韓国だが、肉体労働に就く外国人労働者に対する仕打ちの厳しさは尋常ではないようだ。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが、「韓国の農場で働く外国人労働者が蔓延する虐待の犠牲になっている」と警告したのだ。日本より稼げるとの期待から東南アジアの労働者を中心に人気のある韓国。その現実は決して甘くはない。

殴打…理由は野菜の切り方が悪い

 アムネスティが10月下旬に公表した報告書。そのタイトルは「Bitter Harvest」(ビター・ハーベスト)。苦渋、厳しい、つらい収穫といった意味だ。韓国の農場で働く外国人労働者に対して行った聞き取り調査の結果をまとめたもので、リアルな労働現場の一端が浮き彫りとなった。

 AFP通信は、25歳のカンボジア人労働者のケースを紹介した。

 自分が雇い主から殴られている様子を撮影した携帯電話の録画映像を持って、政府機関に飛び込んで惨状を訴えた。だが「キャベツの切り方を間違えた自分が悪い。早く帰って雇い主に謝るようにいわれた」という。

 労働環境の改善を求めようとした労働者が韓国政府当局から妨害を受けているため、報告書は政府がある程度関与している可能性さえ疑った。

虐待の連鎖、韓国人は耐えられるか

関連トピックス

「産経WEST」のランキング