産経WEST

【大坂の陣400年】夜討ちの大将・塙団右衛門 異彩放つ存在感、ただ自らの「名」を天下に売らんがために

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大坂の陣400年】
夜討ちの大将・塙団右衛門 異彩放つ存在感、ただ自らの「名」を天下に売らんがために

櫻井家に伝わる掛け軸に描かれた塙団右衛門。朝鮮出兵で活躍する姿を描いている(櫻井尚さん提供)

 大坂城を舞台に籠城(ろうじょう)戦が展開された大坂冬の陣。慶長19(1614)年12月、城を包囲する徳川方の蜂須賀至鎮(よししげ)隊に夜襲を仕掛け、成功させた豪傑がいる。豊臣方の塙団右衛門(ばんだんえもん)直之。夜襲の目的は、敵陣に「本夜之大将ハ、塙団右衛門直之也」と記した木札をまいた逸話が残るように、自らの名を天下に売り込むためだった。その甲斐あって、後世の講談や小説で人気を博し、400年の時を経ても「夜討ちの大将」は幾多の武将の中で異彩を放つ。(川西健士郎)

 団右衛門が最初に名を上げたのは大坂の陣の約20年前の朝鮮出兵。後に伊予松山藩主となる「賤ケ岳の七本槍」の一人、加藤嘉明(よしあき)のもとで敵の番船を乗っ取る大功を挙げる。その後、関ケ原の戦いで徳川方についた嘉明隊の鉄砲大将に任じられながら、自ら槍を取って敵中へ一騎駆けをした。

 怒った嘉明から「大将の器にあらず」と酷評されると立腹して出奔。同じく七本槍の一人で安芸広島藩主の福島正則らに仕えるが、嘉明の工作で罷免され、鉄牛(てつぎゅう)と名乗る禅僧となる。

 大坂の陣で分の悪い豊臣方についた理由について、司馬遼太郎の短編小説「言い触らし団右衛門」の主人公、団右衛門は言う。

 「さむらいとは、自分の命をモトデに名を売る稼業じゃ。名さえ売れれば、命のモトデがたとえ無(の)うなっても、存分にそろばんが合う」

 団右衛門が仕掛けた「本町橋の夜討ち」。標的の蜂須賀至鎮隊への襲撃隊150人は本町橋を渡り、100人以上の首を取ったとされる。このとき、団右衛門は本町橋の上で仁王立ちになって大声で指示を出し、「大将の器」であることを盛んにアピールした。

このニュースの写真

  • 夜討ちの大将・塙団右衛門 異彩放つ存在感、ただ自らの「名」を天下に売らんがために
  • 夜討ちの大将・塙団右衛門 異彩放つ存在感、ただ自らの「名」を天下に売らんがために
  • 夜討ちの大将・塙団右衛門 異彩放つ存在感、ただ自らの「名」を天下に売らんがために

「産経WEST」のランキング