産経WEST

「もっと休みたかった」 ナイフで足を刺し、強盗致傷被害を自作自演の巡査長を減給処分 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「もっと休みたかった」 ナイフで足を刺し、強盗致傷被害を自作自演の巡査長を減給処分 兵庫県警

 けがによる休暇を延ばすために診断書を書き換えたうえ、自分でナイフで足を刺し強盗被害に遭ったと嘘の申告をしたとして、兵庫県警は12日、軽犯罪法違反などの容疑で、県警須磨署地域課の男性巡査長(27)を書類送検し、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。巡査長は「もっと休みたかった」と話しているという。

 県警監察官室によると、巡査長は7月29日に逮捕術の訓練で腰を痛め、出勤日の8月1日から休暇に入った。その際に上司から診断書の提出を求められ、「椎間板性腰痛症で加療1週間」と記載された診断書を「4週間」と書き換えて提出した。

 さらに巡査長は同月10日、上司の課長に「手術しなければならない。14日に診察を受ける」と虚偽の報告をした。心配した課長が同行を申し出たが、14日は通っていた病院が休みだったため嘘をごまかそうと、同日正午頃、自宅で自分の右太ももにナイフを刺し、課長に電話で「強盗に入られ足を刺され、金をとられた」と連絡したという。

 同署が強盗致傷事件として捜査したが犯行の形跡がなかったため、巡査長から事情を聴いたところ、嘘を認めたという。

 県警監察官室の吉塚潤一郎室長は「警察官としてあるまじき行為であり、誠に遺憾だ」とコメントした。

「産経WEST」のランキング