産経WEST

【関西の議論】世界遺産「和紙」のルーツは高野山にあり…空海が伝えた技法を受け継ぐ女性「復活」を決意

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
世界遺産「和紙」のルーツは高野山にあり…空海が伝えた技法を受け継ぐ女性「復活」を決意

高野紙の伝統的な技法で紙を漉く飯野さん=和歌山県高野町の旧西細川小学校

 「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されることになった。国の重要無形文化財に指定されている「石州半紙(せきしゅうはんし)」(島根県)と「本美濃紙(ほんみのし)」(岐阜県)、「細川紙(ほそかわし)」(埼玉県)の3紙の技術が対象だが、そのうちの細川紙のルーツは和歌山県・高野山麓で広まった「高野紙(こうやがみ)」にあったとされる。県内地元では「文化的価値は高い」と意気が上がるが、一時は職人がほとんどいなくなり存続さえも危ぶまれ、10年ほど前に一人の女性が懸命に受け継いでいるのが実情だ。(成瀬欣央)

1200年の歴史、唯一の職人から学び

 高野紙はかつて、高野山の麓、和歌山県高野町と九度山町にまたがる集落で作られていた。約1200年前に高野山を開いた弘法大師・空海が留学先の唐で学んだ紙づくりの技法を伝えたとされ、高野山の僧たちのお経や文書などに使われた。江戸時代ごろには、傘紙や障子紙にも用いられたという。明治中期ごろに最盛期を迎えたが、大正のころから需要が減少して衰退していった。

 「10年余りやってきましたが、やっと紙になってきたかなという程度。まだまだです」

 消えかかった高野紙の伝統を受け継いだ飯野尚子さん(39)は、柔らかな笑みとともに穏やかに話した。

このニュースの写真

  • 世界遺産「和紙」のルーツは高野山にあり…空海が伝えた技法を受け継ぐ女性「復活」を決意
  • 世界遺産「和紙」のルーツは高野山にあり…空海が伝えた技法を受け継ぐ女性「復活」を決意
  • 世界遺産「和紙」のルーツは高野山にあり…空海が伝えた技法を受け継ぐ女性「復活」を決意
  • 世界遺産「和紙」のルーツは高野山にあり…空海が伝えた技法を受け継ぐ女性「復活」を決意
  • 世界遺産「和紙」のルーツは高野山にあり…空海が伝えた技法を受け継ぐ女性「復活」を決意
  • 世界遺産「和紙」のルーツは高野山にあり…空海が伝えた技法を受け継ぐ女性「復活」を決意

「産経WEST」のランキング