産経WEST

積雪80センチ、滋賀・奥伊吹スキー場が13日オープン 「センターハウス」新設、飲食機能も強化

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


積雪80センチ、滋賀・奥伊吹スキー場が13日オープン 「センターハウス」新設、飲食機能も強化

まとまった積雪があり、今季開業を13日と決めた奥伊吹スキー場

 滋賀県北部を中心にまとまった積雪があり、伊吹山地にある米原市甲津原の奥伊吹スキー場は7日、今シーズンの開業日を13日と決めた。ゲレンデで80センチの積雪量を観測したため。

 同スキー場では今冬、動く歩道を増設するなど初心者向けのゲレンデを拡張。また、複合施設「センターハウス」を新設し、ゲレンデ内の飲食機能などを強化した。

 昨冬は15万1096人が訪れ、3季連続で過去最多を更新中。同スキー場では「新施設のオープンやゲレンデの整備などで、昨シーズンを上回る人出を期待したい」と話している。

このニュースの写真

  • 積雪80センチ、滋賀・奥伊吹スキー場が13日オープン 「センターハウス」新設、飲食機能も強化
  • 積雪80センチ、滋賀・奥伊吹スキー場が13日オープン 「センターハウス」新設、飲食機能も強化

「産経WEST」のランキング