産経WEST

「居間で大便、腹立った。介護のストレスがあった」 認知症の89歳父の顔面殴り殺害 59歳息子を逮捕 大阪・藤井寺

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「居間で大便、腹立った。介護のストレスがあった」 認知症の89歳父の顔面殴り殺害 59歳息子を逮捕 大阪・藤井寺

 認知症の父親の顔面を殴り重体にさせたとして、大阪府警羽曳野署は6日、殺人未遂容疑で、大阪府藤井寺市大井、無職、北村正男容疑者(59)を逮捕した。北村容疑者が日頃から父親を介護しており、「居間で大便をしたことに腹を立て殴ってしまった。介護のストレスがあった」と供述しているという。

 逮捕容疑は同日午後5時半ごろ、自宅で父の一正さん(89)の顔面を平手で10回程度殴り、殺害しようとしたとしている。一正さんは意識不明のまま病院に搬送されたが、死亡が確認された。同署は容疑を殺人に切り替えて調べる。北村容疑者は一正さんと2人で暮らしていた。

「産経WEST」のランキング