産経WEST

動物成分使わず細胞分化 より安全性を向上 京大iPS研

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


動物成分使わず細胞分化 より安全性を向上 京大iPS研

 ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、動物由来の成分を含まず人工の物質だけからなる培養液を使って神経や骨のもとになる細胞へと分化させることに、京都大iPS細胞研究所のチームが成功したことが6日、関係者への取材で分かった。従来の手法より安全性が向上するといい、将来の再生医療での活用が期待される。

 従来、研究段階での細胞培養では細胞の成長を促進するなどの目的でウシの血清やマウスの細胞を使った培養液などを用いることが多かったが、どんな成分が含まれているか分からない場合もある。臨床段階では感染症のリスクなどが課題となり、安全確認に手間がかかっていた。

 同研究所の戸口田淳也教授らのチームは、成分が明らかな人工の物質だけで作った培養液を使い、iPS細胞を培養。特殊なタンパク質などを加えることで、神経などのもとになる「神経堤細胞」へ分化させることができた。また、胚性幹細胞(ES細胞)でも、同じ実験に成功した。

 神経堤細胞は神経や骨、角膜、皮膚など多くの細胞のもとになり、増殖させたり、冷凍保存したりすることが可能で、再生医療で活用しやすいとされる。

 研究に参加した同研究所の池谷真准教授は「より移植に適した方法での作製に成功した」としている。

 今回の研究成果は、米オンライン学術誌プロスワンに掲載された。

「産経WEST」のランキング