産経WEST

あわや大惨事 居酒屋4軒はしごの大阪市職員 酒気帯び容疑で書類送検へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


あわや大惨事 居酒屋4軒はしごの大阪市職員 酒気帯び容疑で書類送検へ

 大阪市は2日、ダイバーシティ推進室人権企画課の男性職員(48)が仕事帰りに飲酒運転し、高速道路の側壁に車を衝突させる事故を起こしたと発表した。市によると、運転前に同僚と梅田付近の居酒屋など4店をはしごして飲酒しており、「かなり飲んだ」と話しているという。

 府警は道交法違反(酒気帯び運転など)容疑で書類送検する方針。

 市や府警によると、職員は11月29日午前5時40分ごろ、同市東住吉区針中野の阪神高速松原線下りで、酒酔い状態で乗用車を運転。カーブで壁に接触し、横転する事故を起こし、呼気から基準値以上のアルコールが検出された。職員は胸の骨を折る3週間のけが。

 市は「公務員としてあるまじき行為。厳正に対処する」とコメントしている。

「産経WEST」のランキング