産経WEST

【サッカーなんでやねん】またも「泥仕合」となった韓国vsイラン…日韓戦の度に挑発受ける日本も考えどころ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【サッカーなんでやねん】
またも「泥仕合」となった韓国vsイラン…日韓戦の度に挑発受ける日本も考えどころ

 過去の“因縁”や“非難合戦”を考えると、友好的に試合が終わらないことは予測できたはずのに、なぜ親善試合を組んだのだろう。11月18日にイランのテヘランで対戦した韓国とイランのことである。

誤審騒動、小競り合い…またも泥仕合

 試合は終盤のゴールにより、1-0でイランが勝ったが、韓国紙朝鮮日報の日本語版(電子版)などによると、その得点をめぐって誤審騒動があったという。ゴールを奪ったイランの選手と韓国GKが接触したが、審判はファウルの判定を下さず、ゴールがそのまま認められた。

 同紙の「韓国はなぜイランに勝てないのか」と題した記事では「釈然としない判定とイランの選手たちの非紳士的なプレーのせいで、試合終了のホイッスルの後も両チームの選手たちが小競り合いを続けるという荒れた試合になった」と試合を分析。中央日報の日本語版(電子版)は韓国のウリ・シュティーリケ監督が発した「誤審で奪われたゴールを容認できない」「イランとアジアカップでまた対戦したい。その時はまともな審判が配分されなければいけない」とのコメントなどを紹介した。

 朝鮮日報によると、韓国が優勢なのになかなかイランに勝てない「イラン・ジンクス」という言葉があるという。思い出されるのは、2013年6月のワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選だ。韓国のホームで行われた試合で、イランが1-0で勝利し、W杯切符を手にしたが、試合前から両チームの監督や選手らによる舌戦がヒートアップ。韓国選手の一人は記者会見で「イランの主将には血の涙を流させてやる」などと過激な言葉も口にした。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング