産経WEST

悩み抱え?大阪府警公安2課巡査部長が拳銃自殺か 警察本部のトイレで

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


悩み抱え?大阪府警公安2課巡査部長が拳銃自殺か 警察本部のトイレで

 27日午前9時ごろ、大阪市中央区大手前の大阪府警本部地下1階の男子トイレの個室で、警備部公安2課の男性巡査部長(41)が頭から血を流して倒れているのを、出入り業者の男性が発見した。

 巡査部長は病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡が確認された。トイレ内で拳銃1丁が見つかり、府警東署は拳銃自殺を図ったとみて詳しい経緯を調べている。

 府警関係者によると、巡査部長は10月の異動で公安2課に配属され、26~27日にかけては泊まり勤務だった。仕事やプライベートで悩みを抱えていたという。

 大阪府警では今年10月、浪速署地域課の男性巡査部長(29)が同署地下1階の駐車場で拳銃自殺を図り、死亡している。

「産経WEST」のランキング