産経WEST

【衆院選】遠のく野党再編…公明は安堵、橋下氏は影響力低下も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衆院選】
遠のく野党再編…公明は安堵、橋下氏は影響力低下も

維新の党の江田共同代表

 維新の党共同代表の橋下徹大阪市長と幹事長の松井一郎大阪府知事が衆院選への出馬を見送ったことで、維新は勢いをそがれ、野党再編は遠のきそうだ。再編志向の維新に対し、民主党執行部は党の再建を優先しているためで、橋下氏自身の影響力低下も避けられそうにない。一方、挑戦状をたたきつけられていた公明党は胸をなで下ろした。

 橋下、松井両氏の不出馬表明に先立ち、江田憲司共同代表は23日朝のフジテレビ番組「新報道2001」で「選挙結果によるが、1強多弱だと緊張感がなく、慢心の政治を生む。自民党に対峙(たいじ)し、競争できる一大勢力をつくる再編は賛成だ」と述べ、衆院選後は民主党などとの野党再編が必要だとの認識を示した。だが、江田氏が思うように事が運ぶ保証はない。

 橋下氏の国政進出で低迷する維新の党勢回復につなげ、前原誠司元外相ら民主党保守系と手を握り、将来的に新党結成-。中央政界ではそんなシナリオがささやかれていたが、「絵に描いた餅」になりかねない。

 「結局出ないのか…」。再編を模索する民主党の中堅議員は肩を落とした。

 自主再建路線の民主党執行部は、解体が決まったみんなの党や小沢一郎代表率いる生活の党から前職を受け入れており、その流れが加速する可能性は高い。

 逆に、維新は失速に拍車がかかりそうだ。小沢鋭仁国会議員団幹事長は産経新聞の取材に「残念だが、受け止めなければならない」、別の幹部は「PR力が大きい橋下氏の不出馬はマイナスだ」と語った。

このニュースの写真

  • 遠のく野党再編…公明は安堵、橋下氏は影響力低下も
  • 遠のく野党再編…公明は安堵、橋下氏は影響力低下も

「産経WEST」のランキング