産経WEST

レトロ、雑然、通り狭っ…そこが魅力です 神戸・元町「モトコー」記録誌発行

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


レトロ、雑然、通り狭っ…そこが魅力です 神戸・元町「モトコー」記録誌発行

記録誌「元高モトコー」を紹介する元町高架通商店街振興組合の岡保雄さん(左)ら=神戸市中央区

 神戸市中央区にある元町高架通商店街(モトコー)の魅力をPRしようと、商店主らの「元町高架下にぎわいづくり実行委員会」が記録誌「元高モトコー」を発行した。これまで13回発行されたフリーペーパーを基に、歴史や魅力を解説している。

 モトコーはJR元町-神戸駅間の高架下約1キロに、飲食店や古着店、古本屋など約300店が並ぶ。しかし、近年は大型ショッピングモール進出や店主の高齢化などで、空き店舗が目立つ。記念誌の発行は、商店街の活性化はモトコー独特のレトロさや個性的な店舗などのPRが必要ーとの危機感からだ。

 記念誌では、空き店舗を活用した現代アートの作品展や、シャッターに絵を描くイベントを紹介。商店主らが商店街への思いを語ったインタビューや歴史も掲載している。

 同商店街振興組合の理事長、岡保雄さん(66)は「店員とお客さんとの距離が近い昔ながらのスタイルのモトコーの魅力が詰まっています」と話した。

「産経WEST」のランキング