産経WEST

吉川友梨さん行方不明事件、新たな「不審な白い車」目撃情報浮上 大阪府警800人体制で捜索

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


吉川友梨さん行方不明事件、新たな「不審な白い車」目撃情報浮上 大阪府警800人体制で捜索

 大阪府熊取町で平成15年5月、当時小学4年生の吉川友梨さん(20)が行方不明になった事件で、府警は今月中旬、新たな不審車両の情報が寄せられたとして、延べ約800人態勢での捜索を行った。事件は20日で発生から11年半。風化も懸念される中、府警は大がかりな捜査を通じて新情報の掘り起こしにもつなげたい考えだ。

 友梨さんは15年5月20日午後2時40分ごろ、同級生の女児3人と下校。自宅から500メートル離れた交差点で3人と別れた後、同3時前に同級生の男児とすれ違ったのを最後に、足取りがつかめていない。

 府警によると、情報は白色の不審な乗用車を目撃したというもの。友梨さんの行方が分からなくなる直前、現場周辺で目撃されたといい、昨年5月に情報が寄せられた。捜索は捜査1課を中心に府内63署の捜査員も加わり、11月中旬の1週間、新情報に該当する車両約900台の聞き込み捜査を実施した。

 府警は友梨さんが車で連れ去られた可能性が高いとみて捜査。これまで、黒色セダン▽赤色乗用車▽白色ワゴン▽白色ライトバン-が現場近くを通っていたことが判明したが、所有者の特定には至っていない。

 事件は、子供の見守り活動に取り組むNPO法人「あいうえお」(同府貝塚市)が20日、大阪市内でチラシを配るなど、現在も情報提供が呼びかけられており、警察庁の「捜査特別報奨金」の対象にもなっている。事件に関する情報は泉佐野署捜査本部((電)072・464・1234)へ。

「産経WEST」のランキング