産経WEST

京都で話題の女子高生「太秦萌」…ネットで大反響の地下鉄キャラの戦略

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都で話題の女子高生「太秦萌」…ネットで大反響の地下鉄キャラの戦略

大人気のキャラクターをあしらった京都市交通局のポスター。左から「小野ミサ」、「太秦萌」「松賀咲」=京都市下京区

 加えて細かい設定を作りこんだ。萌のほか、「松賀咲」「小野ミサ」の幼なじみキャラにもそれぞれこだわりがある。萌は明るく愛される女の子。咲は頑張り屋のスポーツ少女。ミサは軽音部のちょっとクールな子と三者三様。容姿や持ち物にもこだわりがあり、通学区間までも設定した。

 「陸上部の咲の通学区間を決めるときには、どこが陸上部の強い高校かも調べる」ほどの徹底ぶり。見る人は、イメージを膨らませることができる設定だ。

 その細かさは、実は、プロジェクトチームのメッセージでもある。水川さんは、「『安心や安全にも徹底的にこだわる』という交通局の思いを間接的に伝えたい」と打ち明ける。

多角コラボ奏功

 さらにプロジェクトチームは、声優を公募して映像CMも製作。145人の応募から、高校2年、長谷川奈々さん(17)ら4人を選んだ。CMは約15秒で、萌たちが地下鉄に乗って遊びに行く設定。駅や映画館などで放映されると、これまた大反響。長谷川さんは「萌の明るい性格を出せるよう、研究した」と振り返る。

 8月には市動物園(左京区)、11月からは二条城(中京区)と協力し、PRポスターや一日乗車券を販売。来年に太秦天神川駅近くに新キャンパスを開設する京都学園大学の公式キャラ「太秦その」や、京都国際マンガミュージアムの「烏丸ミユ」ら、新キャラも登場させるなど、可能性はどんどん広がりそう。水川さんも「地下鉄の宣伝キャラとして愛されるキャラにしたい」と話している。

このニュースの写真

  • 京都で話題の女子高生「太秦萌」…ネットで大反響の地下鉄キャラの戦略
  • 京都で話題の女子高生「太秦萌」…ネットで大反響の地下鉄キャラの戦略
  • 京都で話題の女子高生「太秦萌」…ネットで大反響の地下鉄キャラの戦略
  • 京都で話題の女子高生「太秦萌」…ネットで大反響の地下鉄キャラの戦略
  • 京都で話題の女子高生「太秦萌」…ネットで大反響の地下鉄キャラの戦略
  • 京都で話題の女子高生「太秦萌」…ネットで大反響の地下鉄キャラの戦略

「産経WEST」のランキング