産経WEST

「正当な職務執行」 京大警官取り押さえ騒動 京都府警が見解

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「正当な職務執行」 京大警官取り押さえ騒動 京都府警が見解

 京都市左京区の京都大吉田南キャンパスで4日午後、京都府警警備2課の男性警察官が、京大の学生数人に取り囲まれた騒動で、京都府警警備部は13日、「正当な職務執行であった」とする見解を明らかにした。

 警備部は「これまでの中核派の活動状況を踏まえると、2日の公務執行妨害事件に関しても、中核派が反発を強め、逮捕者の奪還といった犯罪を敢行する恐れがあった」と指摘。「警察官は京大において、中核派系全学連活動家による情宣活動を視察したものであり、正当な職務執行であった」としている。

 また、「事実関係は捜査中だが、違法行為が認められれば法と証拠に基づいて厳正に対処することとしている」としている。

 一方、府警と京大の間で、構内への警察官の立ち入りに関する取り決めがあったことについては、「取り決めの趣旨を踏まえた適切な対応であったと認識している」としている。

「産経WEST」のランキング