産経WEST

福田みどりさんが死去 司馬遼太郎氏の夫人

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


福田みどりさんが死去 司馬遼太郎氏の夫人

福田みどりさん

 作家、司馬遼太郎氏の妻で司馬遼太郎記念財団名誉理事の福田みどり(ふくだ・みどり)さんが12日午後0時15分、心不全のため大阪府東大阪市の自宅で死去した。85歳。大阪府出身。通夜は13日午後7時、葬儀・告別式は14日午後1時、東大阪市下小阪3の11の8の自宅で。喪主は弟で同財団理事長、上村洋行(うえむら・ようこう)氏。葬儀委員長は同財団常務理事、松原正毅氏。

 昭和24年に産経新聞社に入社し、34年、大阪本社文化部の同僚だった司馬氏と結婚。39年に退社してからは常に司馬氏の傍らにいて執筆活動を支え、国内はもとよりモンゴルやベトナムなどへの取材旅行にも同行した。

 平成8年2月に司馬氏が死去した後は、同財団の理事長に就任。毎年、司馬氏の命日にあたる2月12日の「菜の花忌」前後にシンポジウムを催し、司馬遼太郎賞を贈るなど、司馬氏の業績をたたえる事業に尽くした。

 また、司馬氏の思い出や司馬氏を巡る人々についてつづった大型エッセー「司馬さんは夢の中」を平成14年から19年までほぼ月に1回、産経新聞朝刊に連載。それを3冊にまとめて中央公論新社から出版した。

「産経WEST」のランキング