産経WEST

大阪国税局OB、また脱税関与 大阪地検特捜部、税理士ら5人逮捕 占い業者6400万円脱税容疑で 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪国税局OB、また脱税関与 大阪地検特捜部、税理士ら5人逮捕 占い業者6400万円脱税容疑で 

 法人税約6400万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は11日、法人税法違反容疑で開運グッズ販売会社「アドライン」(解散)の元実質経営者、河本大介容疑者(34)=大阪市福島区=や、大阪国税局OBで同社顧問税理士の野上孝行容疑者(47)=大阪府泉佐野市=ら5人を逮捕し、同国税局と合同で関係先を捜索した。特捜部は容疑者の認否を明らかにしていない。

 ほかに逮捕されたのは、同社元代表清算人の田中寛紹(39)=大阪市淀川区▽同社元代表取締役の寺尾拓也(37)=兵庫県尼崎市▽宗教法人檀家総代の中島昇(61)=同=の3容疑者。

 逮捕容疑は平成22年4月~23年6月末、中島容疑者側の宗教法人から架空仕入れを計上するなどの手口で、約2億2200万円の所得を隠し、法人税約6400万円を免れたとしている。

 捜査関係者によると、同社は平成22年4月設立し、23年6月末に解散。ブレスレット販売のほか四柱推命や風水などの占いを利用した人生相談や鑑定業務などを実施し、計約7億円の売り上げがあった。同社などは24年11月、「除霊しないと大変なことになる」と祈(き)祷(とう)をしつこく勧誘したことなどが特定商取引法違反にあたるとして、消費者庁から勧誘販売で6カ月、通信販売で3カ月の業務停止命令を受けていた。

 大阪国税局をめぐっては、ラブホテル運営会社の脱税を顧問税理士の立場で手助けしたとして、大阪地検特捜部が7月、消費税法違反などの幇助(ほうじょ)罪で、元大阪国税局南税務署長を在宅起訴している。

「産経WEST」のランキング