産経WEST

オールドタウン化するニュータウンの再生を 大阪・吹田で「50のアイデア」展 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


オールドタウン化するニュータウンの再生を 大阪・吹田で「50のアイデア」展 

さまざまな取り組みを紹介している「ニュータウンを元気にした50のアイデア」展=大阪府吹田市

 大阪、東京、北海道、愛知など全国にあるニュータウンが高齢化などで失われた活力を取り戻すために実行した「名案」を紹介する「ニュータウンを元気にした50のアイデア」展が、大阪府吹田市津雲台の市立千里ニュータウン情報館で開かれている。30日まで。

 地元の千里ニュータウンは、昭和37年にまちびらきして50年以上たち高齢化が深刻化。各地でも、昭和40年代の高度成長期を中心にニュータウンが造成され、当初若い世代が住んでいたが、同様の悩みに直面。建物も老朽化した。

 会場では、こうしたニュータウンの住民らが課題に対処するために実践した「周辺地域との交流」「祭り、イベントの開催」「高齢者へのサポート」など全国の実例を50枚のパネルで紹介。さまざまな努力を通じて再生した取り組みをあげている。

 千里ニュータウン情報館ファンクラブ代表の山本茂さんは「各地のニュータウンは、建物の建て替えが進み、入居世代も若返っています。パネル展を見にきてください」と話している。

「産経WEST」のランキング