産経WEST

「ご当地バーガー」グランプリは? 鳥取でフェスタ開幕、兵庫県から5団体が参加

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ご当地バーガー」グランプリは? 鳥取でフェスタ開幕、兵庫県から5団体が参加

「とっとりバーガーフェスタ2014」に兵庫県内5団体が出品しているご当地ハンバーガー

 ご当地バーガーのコンテスト「とっとりバーガーフェスタ」が8日、鳥取県大山町で開幕し、兵庫県内から5団体が出店している。淡路島産タマネギや神戸牛など地域の食材を生かしたバーガーでグランプリを目指す。各団体の関係者は「特産品を使ったバーガーで、地域の活性化につながれば」と期待している。

 5年連続のフェスタ参加となる神戸市東灘区のハンバーガー店「KOBE GAVLY」は今回のために、神戸牛をふんだんに使い、バジルとバルサミコソースで味付けした「神戸プレミアムバーガーII」を開発した。オーナーの岩本龍男さん(54)は「全身全霊を込めてフェスタを盛り上げたい。必ず3位以内に入る」と意気込みを語った。

 一方、昨年同フェスタで1位に選ばれた「淡路島オニオンキッチン」(南あわじ市)は、タマネギと淡路鶏をオニオンソースで仕上げた「あわじ島オニオングラタンバーガー」で連覇を狙う。

 これに対し、初出場となるのは「加西市観光まちづくり協会」(加西市)。柔かな肉質とほんのり甘い脂身が特徴の「ひょうご雪姫ポーク」を加西産ブドウのソースで仕上げた「加西へらへとバーガー」を出品する。

 個性的なバーガーも出場する。室津産のカキのクリームコロッケを紫黒米の米粉パンで挟んだ「キッチンサンサーラ」(たつの市)の「たつの牡蠣グラタンコロッケバーガー」や、明石産イチジクをトッピングした「桧亭」(明石市)の「明石原人バーガー」もグランプリを目指す。

 同フェスタは全国から30団体が出店し、来場者による投票などで9日にグランプリが決定する。

「産経WEST」のランキング