産経WEST

【西論】橋下市長の信念、中学給食 迎合は食育にあらず、育むのは舌より心と体

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西論】
橋下市長の信念、中学給食 迎合は食育にあらず、育むのは舌より心と体

 11月からビーフシチュー、豚肉しゃぶしゃぶおろしポン酢、鶏肉のチリソースかけ。12月には、きのこソースハンバーグ、タラのムニエル青しそソースも加わる。どこのメニューか、おわかりだろうか。大阪市立中学校で新たに、給食で出されることになった料理の数々である。

 今年4月の1年生から、全員給食に踏み切った大阪市教委は、生徒らの不評に悩んだ。4割近くが残飯になる学校も出たため、メニューの改善に取り組み、夏休みには試食アンケートを行った。用意したのは、冷めてもおいしいと評判の病院食用レシピに基づいた12品。生徒らが肉料理4品を選び、それではバランスが取れないと、市教委が独自の判断でタラ料理を追加した。それが冒頭に紹介した5品である。

 試食アンケートには生徒と保護者計約1500人が参加した。興味深いのは、保護者らに「素材の味が生きている」「だしが効いておいしい」と好評だった料理がことごとく、落選したことだ。茄子(なす)そぼろあん、七福彩り八宝菜、高野豆腐と煮物盛り合わせ、鶏肉の冷製治部煮風などがそれに当たる。こうした料理は「味がしない」「おいしくない」などの理由で、生徒らには受け入れられなかった。

 もう一度、採用された5品を見てもらいたい。主に洋食と中華で、はっきりした濃い味付けのものである。唯一しゃぶしゃぶが和食だが、これもポン酢味が生徒の口に合わないという理由で、しょうゆ味にアレンジされる。

「生きるチカラ」は「喰いヂカラ」

 当欄が指摘したいのは、ここまで中学生の食に気を遣う必要があるのかということだ。生徒たちを批判するのではない。たかだか13~15歳の子供である。好みは何かと問われれば、深い考えもなく好きなものを言うのは当たり前だ。それに応えるだけで真の食育ができるのか。食育という言葉に振り回されていないか。市教委に問いたいのはそのことである。

“橋下公約”は「子供が笑う大阪」…朝ご飯なし多すぎ…真の笑顔へ、味は二の次で良い

「産経WEST」のランキング