産経WEST

【世界を読む】チベットの「聖なる大地」を汚す中国の乱開発…抗議デモに銃口向け、漢人のため資源を“収奪”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
チベットの「聖なる大地」を汚す中国の乱開発…抗議デモに銃口向け、漢人のため資源を“収奪”

 中国チベット自治区で、環境破壊が進んでいる。豊富な天然資源に目をつけた中国政府による鉱山開発が次々に行われ、毒性物質が山河に垂れ流しにされているのだ。チベット人にとっては聖なる大地の汚染であり、各地で抗議の声をあげているが、当局の答えは「武力弾圧」。情報統制の中、妊婦まで銃撃されたという証言もある。公害などお構いなしで、チベットは中国本土の経済発展を支える「収奪植民地」と化している。(河合洋成)

美しい聖なる山々が毒で犯され

 「役所を包囲していたところへ武装警官がやってきた。そして、突然、発砲を始めたんだよ」

 今年8月9日、同自治区中部のシガツェ地方で事件は起きた。自由アジア放送の伝えるところによると、鉱山による自然破壊への抗議デモをしていたチベット人に武装警官が発砲、13人が負傷した。その中には妊婦もいて、足を撃たれた。けが人は病院に運ばれたが、その後、どうなったかは全く消息がつかめない状況だという。

 同地区の鉱山からは金や銅などが産出され、武器の製造などに利用される。住民らは、何度も地区当局に採掘作業の中止を申し入れていたが、なしのつぶて。

 「役人たちが鉱山会社から袖の下をもらっているのは周知の事実。だから、中央政府から許可を得ているというだけで、会社にはやりたい放題にさせている」

 さらに、9月23日、同自治区のラサ東方、メルト・グンカル地方で繰り広げられたデモには千人以上のチベット人が集結。鉱毒を含んだ廃棄物が川に流れ、魚を殺し、聖地を汚染する状況に我慢できなかった。

PC、スマホに使う“レアメタル”が埋蔵されてる「西蔵(チベット)」

このニュースの写真

  • チベットの「聖なる大地」を汚す中国の乱開発…抗議デモに銃口向け、漢人のため資源を“収奪”

「産経WEST」のランキング