産経WEST

関西のスマホ部品大手、ウハウハ 中国市場の成長で好業績 基幹部品は日本頼み

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


関西のスマホ部品大手、ウハウハ 中国市場の成長で好業績 基幹部品は日本頼み

平成26年9月中間連結決算を説明する村田製作所の村田社長=大阪市中央区の大阪取引所

 米アップルの新型iPhone(アイフォーン)の発売や中国でのスマホ市場の拡大により、関西の大手部品各社が平成26年9月中間連結決算で相次いで好業績を発表している。完成品では、ソニーが中国専用モデルの開発を中止、韓国サムスン電子もスマホ事業の大幅な見直しを迫られるなど、価格の安い中国メーカーの存在感が増しているが、基幹部品では日本勢が依然、強みを持っている。

 中国では第4世代(4G LTE)携帯サービスの開始でスマホの需要が急速に拡大。世界市場では4~6月期に中国の小米科技(シャオミ)が米アップルや韓国サムスン電子を抑え、出荷シェアで首位に立った。

 京セラは売上高が前年同期比2・1%増の7143億円で、中間期では過去最高だった。サムスンからの受注は低迷しているが、「中国スマホメーカー向けの部品売上高が前期比3倍に増えそう」(山口悟郎社長)な勢いという。

 村田製作所も同様に売上高が同15・1%増の4765億円で中間期で過去最高となった。村田恒夫社長は、通信向け部品の売り上げで中国スマホメーカー向けが同5ポイント増の12%の割合を占めたことが大きかったことに加え、「新しいスマホで、近距離無線通信モジュール(機器)などが伸びた」とアイフォーンの寄与の大きさを示唆した。

「産経WEST」のランキング