産経WEST

さあ「ハロウィーン」、子育て家庭7割超がイベント 平均3500円…急な流行も裏付け

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


さあ「ハロウィーン」、子育て家庭7割超がイベント 平均3500円…急な流行も裏付け

売れ行き好調な「ハロウィーン」の関連グッズ=大阪市中央区

 欧州が起源とされるお祭り「ハロウィーン」が、子育て家庭にブームとなっている。大阪府内の百貨店でも特設売り場を設けて、お祭りムードを演出。休日はグッズを選ぶ親子連れでにぎわい、売れ行きは昨年の1・5倍ペースと好調に伸びている。各地では関連イベントも開かれており、ハロウィーンムードはピークを迎えている。(池田美緒)

古代ケルト、カトリック“聖”前夜…なんの、日本で売れ行き5割増

 ハロウィーンは、収穫を祝い悪霊をはらう古代ケルト人の祭りが起源とされ、カトリックの「諸聖人の日」前夜(10月31日)に行われる。

 米国では、子供が魔女などに仮装して近所の家を訪れ、お菓子をもらうといった民間行事として定着。日本でも宗教色は薄く、コスプレ祭りのような感覚で若者を中心に受け入れられている。

 大阪・難波の高島屋大阪店では、子供服売り場などのあるフロアに15日から、ハロウィーングッズの特設売り場を設けた。

 子供や赤ちゃん用の仮装衣装、部屋を飾るカボチャの人形などを販売。ハロウィーンの浸透を見越し、ミッキーマウスやシンデレラといった人気キャラクターの衣装も増やすなど、商品の種類を昨年より倍増させ、昨年の1・5倍ペースの売れ行きという。

 「予想以上の反響」と驚くのは、売り場責任者の清水俊邦セールスマネジャー。「高額な商品も、そうでない商品も売れており、それぞれのスタイルでハロウィーンを楽しむ家庭が増えてきたのでは」と話す。

 大阪市平野区の主婦、岩崎智美さん(32)は、長男の羽成(はなり)君(1)の服を選びに訪れ、「はやっているし、子供が生まれたので、今年からやりたくなった。カボチャの服を着せて夫の両親に見せたい」と話していた。

 国内最大級の親子のお出かけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディ(東京)の意識調査によると、子育て家庭の72%がハロウィーンに何らかのイベントを予定している。「子供の仮装」が40%で最も多く、次いで「家の中の装飾」(34%)、「ホームパーティー」(30%)だった。

予算3500円、なかには1万円超す家…衝撃の事実を示すデータは

「産経WEST」のランキング