産経WEST

〝京都婚〟が「物理的限界に近い」人気 落ち着き求める晩婚化が背景に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


〝京都婚〟が「物理的限界に近い」人気 落ち着き求める晩婚化が背景に

朱塗りの楼門前で、神職から祝福を受ける藤岡夫妻=京都市北区の上賀茂神社

 伝統と歴史のある京都の寺社で和装の結婚式を挙げる“京都婚”が人気だ。古き良き「日本らしさ」を求め、国内のみならず海外のカップルからも注目を集めている。メジャーな観光スポットでなくても、すでに予約が取りにくい状況に。ウエディング業界の関係者からは「物理的に限界に近い状態」とうれしい悲鳴も上がっている。

かつての40倍に 

 10月上旬、京都市北区の上賀茂神社。境内の楼門を前に神職から祝福を受ける新郎新婦の姿があった。

 式を挙げたのは香川県在住の会社員、藤岡章太さん(27)。初めての白むくに笑顔をみせる新婦の千広さん(22)も京都出身ではない。

 「日本人なので、せっかくなら和装で、と思っていた。自分が自分でないみたい」と照れる千広さん。上賀茂神社を選んだのは旅行で訪れたことがあったから。鮮やかな朱塗りの楼門や鳥居に引かれていたという。

 京都での「和婚」を手がけている老舗「京鐘」(同市左京区)によると、京都婚はここ5年ほどで急激に増えた。有名な上賀茂神社や下鴨神社、平安神宮だけでなく、吉田神社(同市左京区)や岡崎神社(同)でも春と秋のブライダルシーズンは予約が取れない状況になっているという。

 平成元年当時、上賀茂神社で式を挙げるカップルは年間で20組程度だった。それが昨年はその40倍近く、過去最高の約750組を数えたという。

落ち着き求めて 

 なぜ今、京都婚が増えているのか。その理由の一つとみられるのが近年の晩婚化だ。平成25年の人口動態調査によると、初婚の平均年齢は男性が30・9歳、女性が29・3歳で、年々遅くなる傾向にある。

 京鐘の調査では和婚を行う女性の平均年齢は、キリスト教式などを選択する人と比べ、3歳ほど上回るケースが多い。派手さよりも荘厳さや落ち着きを追い求めた結果、京都婚にたどり着くようだ。出席者の高齢化に伴い、神前・仏前式の方が喜ばれるという分析もあるという。

京都ブーム…でも挙式の半数やっぱり“あのスタイル”

このニュースの写真

  • 〝京都婚〟が「物理的限界に近い」人気 落ち着き求める晩婚化が背景に

「産経WEST」のランキング