産経WEST

【キラリ】死後にメッセージ届けます…生前にサイトで預かり、死後に郵送サービス 独身女性中心に関心高く

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【キラリ】
死後にメッセージ届けます…生前にサイトで預かり、死後に郵送サービス 独身女性中心に関心高く

「すまいるポスト」のweb画面イメージ

 死とどう向き合うか終活に関心が集まるなか、ITサービス業のアートプラス(大阪市中央区)は、あらかじめインターネットのサイト上に残したメッセージを死後、指定の知人宛てにはがきなどで送付するサービス「すまいるポスト」を12月に始める。独居の高齢者が増えるなか、生前の心残りを解消するサービスとして注目されそうだ。

 送付方法は、はがき▽封書▽電子メールの3種類。宛先は20まで登録できる。直筆の文章も登録可能。メッセージの内容や送付先は必要に応じて変更可能だ。顧客の死亡確認は、事前登録の親族や介護施設などからの連絡、さらには、生命保険会社などと提携することも検討している。

 同サービスは、知人の死をしばらく知ることができなかった同社の道本ゆき子社長の体験がきっかけ。生前に交友のあった人たちに死去を知らせるビジネスが必要なのではと考えた。

 100人程度にアンケートしたところ、40~50代の6割以上が使ってみたいと回答。道本社長は「独身女性を中心に関心が高い。その人らしい言葉を伝えてもらうことができたら」と話す。

「産経WEST」のランキング