産経WEST

枚方市が防犯カメラ250台新設へ、来年4月から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


枚方市が防犯カメラ250台新設へ、来年4月から

 枚方市は、市内の全45小学校区などに防犯カメラ250台を新設し、来年4月から運用を始める。費用は約1億8400万円。街頭犯罪の抑止が狙いで、すでに市内の主要駅などにある防犯カメラと合わせると計329台となる。

 市は平成23年度以降、防犯カメラの設置を進めている。

 今回新設するのは、無線LANを利用し、専用のノートパソコンで画像を抽出できる無線通信式防犯カメラ。従来は市職員が高い場所などに設置しているカメラから必要に応じて画像を記録したカードを取り出していたが、その負担が軽減される。

 各小学校区に5台設置するほか、これまで未設置の駅周辺などにも新設する。これで市内すべてのJR・私鉄駅周辺を防犯カメラで網羅することになる。

「産経WEST」のランキング