産経WEST

JR西の「事前予告」運休に賛否…「見逃し三振より空振り三振」 平日の対応に課題も 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JR西の「事前予告」運休に賛否…「見逃し三振より空振り三振」 平日の対応に課題も 

全列車の運転が取りやめになり、完全に閉鎖された改札口=13日午後5時ごろ、大阪市北区のJR大阪駅(村本聡撮影)

 台風19号の接近に備え、安全を最優先したJR西日本は13日午後4時ごろから全面的な運休に踏み切った。自然災害に備え、自治体や企業があらかじめ防災対応を決めておく施策は「タイムライン」(事前防災行動計画)と呼ばれるが、JR西が京阪神の全路線で運休したのは初めて。利用客からは「何かあってからでは遅い」と評価する声がある一方、私鉄は一部を除いて運行を継続したこともあり、「動かせる列車は動かしてほしい」という要望も。専門家の間でも、賛否が分かれた。

「私鉄は動いている」

 JR大阪駅では13日午後4時35分ごろ、大阪環状線の京橋行き最終電車が出発し、この日の運転は終了。約10分後に北陸方面からの特急列車が到着し、乗客が改札の外に出ると、自動改札機の前にはアコーディオン型の門扉が引かれ、駅は完全に閉鎖された。

 京阪神地区24路線で計約1200本に運休や遅れが生じ、影響人員は約48万人に及んだ。JR西は12日に今回の措置を予告していた。

 「私鉄は動いているのだから、動けるまで動かした方がいい」。大阪市の新聞配達員、中村和樹さん(25)は一律に運転を取りやめたことに否定的だ。実際、阪急や阪神、京阪電鉄では運休はなく、目立った列車の遅れもなかった。

 神奈川県平塚市の主婦、飯山知絵さん(37)は「(交通の)足がなくなる方が怖い」と話す。平成23年の東日本大震災ではJR東日本が駅のシャッターを閉じたため乗客は行き場を失い歩いて帰宅、500万人超の帰宅困難者が出たことは記憶に新しい。

「産経WEST」のランキング