産経WEST

「大阪市だけで運営しなければいけないのか」 橋下市長、周辺市町村に負担求める意向 長居障害者スポーツセンターの運営めぐり

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「大阪市だけで運営しなければいけないのか」 橋下市長、周辺市町村に負担求める意向 長居障害者スポーツセンターの運営めぐり

 維新の党の橋下徹共同代表

 大阪市の橋下徹市長は12日、市長居障害者スポーツセンター(東住吉区)の開館40周年記念式典に出席し、あいさつの中で同センターの今後の運営のあり方について「大阪市民税だけで運営しなければいけないのか」として、周辺市町村にも一定の負担金を求める考えを示した。

 同センターは昭和49年、全国初の障害者のためのスポーツ施設として開館。平成25年度の利用者約9万2千人のうち大阪市民は約6万5千人で、市外の大阪府民は約2万6千人、他府県が約500人となっている。市では過去に施設の老朽化などを考慮して廃止を検討したが、必要性を訴える市議らの要望を受けて当面は存続させることが決まった経緯もある。

 橋下市長はこの日のあいさつで、同センターについて「必要性は十分承知している」としながら、「負担のあり方は新しい大阪の姿を目指して考えていかなければいけない問題だ」として、東大阪市や八尾市など周辺自治体に運営費の負担を求める意向を示した。

 三笠宮家の長男、寛仁(ともひと)親王殿下=24年6月に薨去(こうきょ)=が同センターのスキー教室で障害者の指導に携わられたことから、記念式典には次女の瑶子(ようこ)さまがご臨席になった。

「産経WEST」のランキング