産経WEST

国会「うちわ」もめ 紙だけならOK、骨組みありは公選法違反? 微妙な境界、旗色悪い松島氏

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


国会「うちわ」もめ 紙だけならOK、骨組みありは公選法違反? 微妙な境界、旗色悪い松島氏

松島法相が配ったとされるうちわ

辞職する例も

 政治家が有権者にモノを配る行為はしばしば問題となっている。

 平成23年、山梨県西桂町で、町長名義でウナギのかば焼きが支持者らに配られたという疑惑が浮上。町長は公選法違反容疑で書類送検された。不起訴処分となったが、リコールが成立して失職した。

 ほかにも、有権者に洗剤セットを配った市長が辞職する羽目になったり、有権者の葬式に生花や線香を贈るなどして国会議員が刑事告発される事例もあった。

 松島氏は10日の記者会見で、「うちわ騒動」などを念頭に「いろいろな雑音で迷惑をかけたことは残念だった」と述べた。

このニュースの写真

  • 国会「うちわ」もめ 紙だけならOK、骨組みありは公選法違反? 微妙な境界、旗色悪い松島氏
  • 国会「うちわ」もめ 紙だけならOK、骨組みありは公選法違反? 微妙な境界、旗色悪い松島氏

「産経WEST」のランキング