産経WEST

泉南アスベスト訴訟、国の責任認める 最高裁が初判断

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


泉南アスベスト訴訟、国の責任認める 最高裁が初判断

泉南アスベスト訴訟上告審判決。勝訴を知らせる関係者=9日午後、東京都千代田区の最高裁前(小野淳一撮影)

 アスベスト(石綿)を吸い、肺がんなどを発症したとして大阪府南部の泉南地域のアスベスト工場の元労働者や遺族ら計89人が国に計約12億円の損害賠償を求めた2訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は9日、「工場への局所排気装置の設置を義務付ける時期が遅かった」として、国の賠償責任を認める初判断を示した。

 第2陣原告55人のうち54人については、計約3億3千万円の賠償命令が確定。第1陣原告34人のうち28人については、敗訴の2審判決を破棄し、審理を大阪高裁へ差し戻した。違法期間とした昭和33~46年に就労していなかった元労働者ら計3人の関係では、原告側の敗訴が確定した。

 国は(1)局所排気装置の設置義務付け(2)石綿粉塵(ふんじん)濃度の規制強化(3)防塵(ぼうじん)マスクの着用などの義務付け-を46~平成7年に実施。この対策時期が適切だったかが争われていた。

「産経WEST」のランキング