産経WEST

【甘辛テレビ】「マッサン」と「花子とアン」 意外な共通点とNHK制作陣の“秘密主義”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【甘辛テレビ】
「マッサン」と「花子とアン」 意外な共通点とNHK制作陣の“秘密主義”

無難な滑り出しに「ホッ」

 NHK連続テレビ小説が「花子とアン」から「マッサン」へバトンタッチされました。心配された視聴率も上々で、首脳陣もホッとしているようです。そんな中で明らかになったNHKのドラマ制作陣の意外な“秘密主義”について触れたいと思います。

 「マッサン」ですが、9月29日の初回視聴率が関西地区は19・8%で、過去10年で最高を記録。その後も19・8%→21・6%→20・6%→19・4%→19・8%と好調に推移し、関東も初回21・8%→21・8%→21・8%→22・3%→20・6%→19・5%。両地区とも週間ランキング上位をほぼ独占しました。視聴率ばかりとお叱りを受けそうですが、制作のNHK大阪放送局首脳も「視聴者の方からさっそく高評価をいただいている。中身が濃く面白いと思う」と胸をなで下ろしています。

 もっとも、主人公のマッサン夫妻(玉山鉄二さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん)へのインタビュー依頼が、すでに今夏段階で新聞・雑誌・ウェブ媒体など30社を軽く超えるなど注目度は抜群。朝ドラ抜きでテレビ界は語れないという現状を目の当たりにしました。

「スコットランド」つながり

 ところで、これに先立って先月18日に大阪局で行われた両番組のバトンタッチセレモニーで意外な事実を知りました。

 「マッサン」のモデルとなった“日本のウイスキーの父”竹鶴政孝氏の妻、リタさんがスコットランド人なら、「花子-」が翻訳した「赤毛のアン」のL・モンゴメリもスコットランド系カナダ人。しかも、主人公の2人は、明治末期から大正・昭和という同じ時代を生きたのです。恥ずかしながら、全く気づきませんでした。

 それにしても、片や日本から外国を覗き、片や外国から日本を垣間見る。何とも見事な連係プレー…と考えそうですが、実はそうではありません。僕が驚いたのはここからです。「マッサン」の櫻井賢チーフプロデューサー(CP)が明かしてくれました。

絶妙の連携プレー?「…まったく偶然。だって…」

「産経WEST」のランキング