産経WEST

【ビジネスの裏側】出世するのは男勝りの“チャック女子”ばかり? キャリアウーマンが本音で語る「女性登用」の実態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
出世するのは男勝りの“チャック女子”ばかり? キャリアウーマンが本音で語る「女性登用」の実態

キャリア上の課題や悩みについて、他企業の先輩や同世代と語り合う女性たち=大阪府枚方市

 つまり、企業にとっては女性や高齢者、外国人を含めた人材の多様性と柔軟な働き方を受け入れる「ダイバーシティ」が、実力ある人材を確保するうえで重要な課題となっているのだ。

 現状では、女性の6割超は第一子出産後に仕事を辞めているとされる。岡島さんは、「多様性のある組織運営は複雑で難しいが、いろんな考え方や発想が入り交じるためイノベーションによる成長が期待できる」と主張した。

 地に足のついた女性活躍を

 フォーラムには約600人が参加。若手や管理職ごとの分科会でも議論が繰り広げられ、参加者は年代や国籍などによってキャリアに不安を抱いていることが浮き彫りになった。

 「日本人と同じように仕事をしないといけないと悩んでいた」と話すのは、クボタ人事部で韓国籍を持つ黄善敏(ファン・ソンミン)さん(27)。フォーラムに参加して「日本人とは異なる考え方を仕事に生かすこともできると、前向きに考えられるようになった」と話した。

 社内に結婚、出産して働き続けている先輩がいないことに不安を抱えていた帝人グループの女性社員(31)は「他社の若手社員とライフプランを話すなかで、自分の軸をもって仕事も人生も考えないといけない」と気付いたという。

 一方、管理職やリーダーとして組織を牽引(けんいん)する立場の女性からは「自分たちは先輩のやり方を見て仕事を覚えたが、若手は指示待ちばかり」「意欲的な人と現状維持タイプの人と仕事をどう任せていくべきか悩んでいる」などの声が上がった。

 これに対し、日本生命保険の山内千鶴サービス企画部担当部長(57)は「仕事の必要性や目的を説明し、考え方を共有することが大切だ」とアドバイスし、期限を区切って仕事を任せ、進捗(しんちょく)を確かめるなど具体的な方法も提案していた。

 クボタのブランド推進室長の廣瀬文栄さん(40)は「リーダー世代の女性の多くが上司を気にしてリーダーとして組織を率いることに遠慮してしまう。もっと自信をもって、どういう組織を目指すのか考えて」とエールを送った。

女性の活躍推進…安倍政権の成長戦略の「柱」だが

このニュースの写真

  • 出世するのは男勝りの“チャック女子”ばかり? キャリアウーマンが本音で語る「女性登用」の実態

「産経WEST」のランキング