産経WEST

結局、応募はゼロ…兵庫・西宮初のネーミングライツに関心なし?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


結局、応募はゼロ…兵庫・西宮初のネーミングライツに関心なし?

 兵庫県西宮市が募集していた同市西宮浜の「西宮浜総合公園多目的人工芝グラウンド」のネーミングライツ(命名権)に、企業からの応募がなかったことが30日、わかった。

 市は今年7月、企業名や商品を宣伝するとともに、企業の地域貢献を推進しようと、人工芝グラウンドのネーミングライツを募集していた。

 同市がネーミングライツを募集するのは同グラウンドが初めてで、休日の稼働率は95%を超える人気施設だったことから、今村岳司市長も「この施設に企業名をつけられるのはお得だと思う」と期待していた。

 しかし、9月26日の締め切りを過ぎても、企業からの応募はゼロ。問い合わせも市内の不動産会社1件だけだったという。

 市公園緑地課は「グラウンドに観客席がないことなどから、広告媒体としての価値が見いだせなかったのでは」と話している。

「産経WEST」のランキング